FX自動売買
禁断のケーキ
恋活
家電バーゲン

犬も人間と同様に白内障や緑内障を患うケースがあり、加齢とともにその発症リスクはたかまります。

犬の白内障や緑内障の未然予防には健康な時からサプリメントなどで足りない栄養を補ってあげることも、大変重要なことです。

 

犬の白内障は約8〜10歳以上になると白内障にかかることが増えてきているそうです。白内障の原因としては、遺伝的なもの、老化と共に進行するもの、突発性のものなど様々ですが愛犬が目の病気にかかってしまわないためにも、日頃から気になることがあればすぐ対応できるよう常日頃から準備しておくことが大切です。

犬の白内障や緑内障の予防には正しい知識で対応を

犬の白内障や緑内障には要注意

 

視力と色覚

 

犬はかなりの近視と考えられています。

 

とはいえ、あまり小さいものが近くにあってもピントを合わせるのは下手なので、そこは嗅覚で補っています。

 

視界は両目合わせて180度以上(250〜270度)といわれ人間より広く見えるといわれています。

 

色覚は人のようにカラーではないといわれていますが、色の濃淡でいろいろ判断しているようです。

 

もしワンちゃんがよくいる場所が透明なガラス張りになっているなら、色のある大きな目印を貼ってあげましょう。

 

犬の白内障専用のプレミアムサプリメント

白内障でもまだあきらめないで!こだわり抜いたワンランク上の犬専用プレミアムサプリメント。白内障のあなたの家族を守りたいから・・・。選び抜かれた原料と安心の製法で犬のためだけにこだわり抜いて作りました。ご注文は犬の白内障におすすめのサプリメント Vigor+(ビガープラス)

▼コンテンツメニュー

 



(c)犬の白内障や緑内障の予防には健康な時からのサプリメント摂取

犬の白内障や緑内障には早期発見、早期療法が大切!