家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

犬も人間と同様に白内障や緑内障を患うケースがあり、加齢とともにその発症リスクはたかまります。

犬の白内障や緑内障の未然予防には健康な時からサプリメントなどで足りない栄養を補ってあげることも、大変重要なことです。

 

犬の白内障は約8〜10歳以上になると白内障にかかることが増えてきているそうです。白内障の原因としては、遺伝的なもの、老化と共に進行するもの、突発性のものなど様々ですが愛犬が目の病気にかかってしまわないためにも、日頃から気になることがあればすぐ対応できるよう常日頃から準備しておくことが大切です。

犬の白内障や緑内障の予防には正しい知識で対応を

犬の白内障や緑内障には要注意

 

犬の目の構造と仕組み

 

ものを見るしくみは基本的に人間の目やカメラと同じ。映像は水晶体(レンズ)を通過して、網膜(フィルムに相当)に像を投影し、そこで電気信号に変換して視神経を通して脳に伝達します。

 

明るさの調整は、瞳孔(絞りに相当)が大きさを自動的に調整します。

 

目の玉の周囲には何種類もの筋肉があり、いろいろな方向に目が動くようになっています。

 

目の表面を乾燥から守るために、涙は絶えず分泌され、まばたきにより全体に行き渡らせています。

 

また、ワンコの目には上下のまぶたに加え、「第3のまぶた」と呼ばれる瞬膜があります。

 

犬の白内障専用のプレミアムサプリメント

白内障でもまだあきらめないで!こだわり抜いたワンランク上の犬専用プレミアムサプリメント。白内障のあなたの家族を守りたいから・・・。選び抜かれた原料と安心の製法で犬のためだけにこだわり抜いて作りました。ご注文は犬の白内障におすすめのサプリメント Vigor+(ビガープラス)

▼コンテンツメニュー

 



(c)犬の白内障や緑内障の予防には健康な時からのサプリメント摂取

犬の白内障や緑内障には早期発見、早期療法が大切!