家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

犬も人間と同様に白内障や緑内障を患うケースがあり、加齢とともにその発症リスクはたかまります。

犬の白内障や緑内障の未然予防には健康な時からサプリメントなどで足りない栄養を補ってあげることも、大変重要なことです。

 

犬の白内障は約8〜10歳以上になると白内障にかかることが増えてきているそうです。白内障の原因としては、遺伝的なもの、老化と共に進行するもの、突発性のものなど様々ですが愛犬が目の病気にかかってしまわないためにも、日頃から気になることがあればすぐ対応できるよう常日頃から準備しておくことが大切です。

犬の白内障や緑内障の予防には正しい知識で対応を

犬の白内障や緑内障には要注意

 

注意が必要な症状4.昼間でも黒目が大きい

 

昼間の光のなかでは、瞳孔は通常、まぶしさを軽減するのに小さくなります。

 

明るいところでも瞳孔が大きく開いたままの場合、見えていないか、瞳孔を動かす神経の異常、瞳孔の大きさを調節する虹彩の異常の可能性があります。

 

眼球(目の玉)自体が大きい時は緑内障が考えられます。

 

犬の白内障専用のプレミアムサプリメント

白内障でもまだあきらめないで!こだわり抜いたワンランク上の犬専用プレミアムサプリメント。白内障のあなたの家族を守りたいから・・・。選び抜かれた原料と安心の製法で犬のためだけにこだわり抜いて作りました。ご注文は犬の白内障におすすめのサプリメント Vigor+(ビガープラス)

▼コンテンツメニュー

 



(c)犬の白内障や緑内障の予防には健康な時からのサプリメント摂取

犬の白内障や緑内障には早期発見、早期療法が大切!